横浜 弘明寺 上大岡 Pages(ペイジス)美容室 スタッフブログ

お得情報からスタッフの日常まで全てを網羅

スポンサーサイト

Posted by チームペイジス on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hair science

Posted by チームペイジス on   0  0

こんにちは!宮川です!


たまには美容師っぽいことも書かなくては!


・・・という事で・・・


本日はhair scienceのコーナーです

このコーナーは普段、皆さんが

髪の毛ってどうなっているんだろう?

とか

こういう時はどうしたらいいんだろう?

とか

疑問に思っているであろうことをワタクシが勝手に予測し、勝手に答えていってしまうというコーナーです!!

うん、美容師っぽい!



では、早速、

まずは・・・


Q、「アイロンとか使ってたら髪が傷んだ!・・・でも、そもそも傷み(ダメージ)ってなに?治るの?」


A、髪が傷む原因はたくさんありそれぞれダメージの種類も色々あるんですが

その中でも熱によるダメージを説明しますね
熱のダメージとは髪に約70~100℃以上の熱を与え続けた時に起こります、

髪の毛はほぼタンパク質でできているので熱を与えすぎるとそのタンパク質が硬~く固まっちゃうんです

健康な髪は柔らかくしなやかなのでちょっと引っ張っても伸びますが

固まった髪は引っ張ったらすぐにプチっと切れちゃいます


そう!これがKIREGEです!

保湿力も低下するのでパサつきも出ます

ドライヤーなどは普通に使っていれば60℃位なのであまり問題ないですが

アイロンは物によっては170℃近くまで熱が出るので要注意です!

170℃だと数秒で硬化しちゃうので慣れないうちは少し温度を下げてみるといいかもしれません


熱によるダメージには保湿成分を多く含んだタイプのケア剤がオススメです

うちのお店でいうと
ディユマルジョ君がまさにそれ!!DSC_0046.jpg


ただし完全に硬化してしまった髪はもう元には戻りません

気をつけましょうね




珍しくまじめに書いたら長くなっちゃいました(笑)

またちょいちょい出していきますね~

では~

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rise03aw.blog129.fc2.com/tb.php/64-23c4fea0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。